高校野球の強豪はアマチュアと思えぬ厳しさ

アマチュア

高校野球と社会人野球はともにアマチュアですが、強豪チームとなると一般の高校や社会人では考えられないようなシステムで運営されています。

たとえば私立高校の場合ですが、スカウトがいて全国の中学校を回り、いいと思った選手を「うちの高校に入らないか」と勧誘します。昨今、甲子園の全国大会では東北の学校の活躍が目立っていますが、そういった学校のレギュラーの中に東北出身者はほとんどいないというケースは少なくありません。大阪などから特待生として入学している生徒がレギュラーの大半を占めているのです。

また、特待生は野球部で活動することを前提に入学しているので、もしなんらかの事情で退部した場合は学校自体も退学しなければならないこともあります。社会人野球の場合は、選手でもなんらかの仕事をしますが、午前中しか出社せず、午後はずっと練習するというケースが珍しくありません。また、大会期間中は出社すら免除されます。

ただ、学校に特待生として入学したケースとは違い、野球をやめることになったら会社も解雇されるということはありません。上記のように強豪となると、プロと遜色ないような厳しい環境に置かれてプレイすることになるのです。