プロへの道と高校野球など

プロ

アマチュア野球での位置づけとして、高校野球と社会人野球はそれぞれどういったものといえるのでしょうか。まず、高校野球ですが、中学時代、部活動の軟式野球部に参加していた学生も、部活には入らずリトルリーグで硬球を使ってプレーしていた学生も、高校ではほぼ必ずここを目指すことになります。高校で部活に入らず、クラブチームなどでプレーを続ける選択肢もありますが、そうすると甲子園大会に出ることはできません。事実上、学生は甲子園大会で注目されることによってプロへの道が現実になるので、選手たちは皆、甲子園を目指すことになるのです。

では、社会人はどうでしょうか。まず、集まっている選手は大きく分けて二つのタイプです。まず、学生時代、プロ志望だったにもかかわらずドラフトで指名されなかった、あるいは、指名されたものの、意中の球団ではなかったので入団しなかった選手がいます。こういう選手は、社会人で再度注目されることで、ドラフト上位でプロに行くことを狙っています。

もう一つのタイプが、プレーは続けていきたいものの、あくまでも社会人として会社で働きながらやりたいのであって、ドラフトで指名されることを目標にしていないという人たちです。

つまり、ベースボールでご飯を食べていきたい人にとってはステップアップの場であり、会社員としてプレーを続けたい人にとっては勤務先での部活のような存在といえるでしょう。